食用油を精製した燃料を使用のディーゼル車メンテナンス

使用車両のメンテナンスと初期の部品交換

廃食油リサイクルくん初期の部品交換

燃料ホースの交換

B・D・Fの特性からゴムを腐食させる傾向があります。使用開始後、燃料タンクからエンジンへ送油するゴムホースが腐食する場合がありますので、フッ素系のホース又は、布巻きホースへの交換が必要となります。


定期的なメンテナンス

燃料フィルターの交換

B・D・Fの特性からゴムを腐食させる傾向があります。


走行中の跳ね返りによる燃料漏れ等の可能性が懸念されますので交換いたします。その際には、フッ素系のゴムに交換して下さい。尚、一度これらに交換して頂ければ毎年の交換は不要です。

使用車両の定期的なメンテナンス

B・D・Fの粘性や極微量の不純物の蓄積により燃料フィルターの目詰まりが発生し、走行に支障をきたしますので、年に1回〜2回交換する必要があります。特に使用開始直後や晩秋から初冬の冷え込み時期に発生することが多く、以下の様な兆候が確認された場合には、早期に交換して下さい。


車両の定期検査

・ アクセルを踏み込んでもエンジンの吹き上げが悪い。

・ 走行中にノッキングがある。

・ 坂道での著しいパワーダウンがある。

・ 走行中ギアチェンジの際、パワーダウン等の違和感がある。

使用車両のメンテナンスコスト

・  購入の初期段階のコスト

燃料ホースの交換・・・・・・・・・・・・・・・工賃含 : 約10,000円

燃料キャップのゴムパッキンの交換・・・・・工賃含 : 約10,000円


・ 定期的なメンテナンスのコスト

燃料フィルターの交換・・・・年間2回 (1回料金 工賃含 : 約45,000円)

通常のメンテナンス・・・・・(オイル交換・バッテリー点検・ラジエター点検 等)

 メンテナンス作業内容等につきましては、ご相談ください。

当サイトはWebの世界標準機関 W3Cの文法チェックに合格。 アクセシビリティーを意識した SEO対策ホームページ制作Sp-Web

Valid XHTML 1.0 Transitional Level Triple-A Conformance to Web Content Accessibility Guidelines 1.0